【スタディ・ドッグ・スクール オンライン】新着動画「ドッグトレーナーのためのホーストレーニングセミナー ~馬との関わりから再考する犬との共生~」公開のお知らせ

暦の上では春とはいえ、まだまだお寒むいですね。
さて、この度、公開以降好評頂いている「イヌを知るセミナー」のコンテンツが追加されました。
今回は第6弾として「ドッグトレーナーのための“ホーストレーニングセミナー” ~馬との関わりから再考する犬との共生~」の動画を公開いたしました。

講師:北川 健史(Kenji Kitagawa M.S.)
・よこはま動物園ズーラシア ぱかぱか広場 主任
・株式会社Animal Life Solutions 馬事業部長
・麻布大学大学院獣医学研究科博士前期課程 修了

全7動画 計104分29秒

<コース概要>
 犬は、人との長い歴史の中で、もっとも身近な動物になりました。なぜなら、人間が目的に合わせて飼育しやすいように、警戒心が低く、なおかつフードや遊びなどを含めた、人とのやり取りに対してのモチベーションが高い個体が選択淘汰されてきたからです。
 このことからわかるように、犬は人と協調して関わることに優れた動物であり、しつけやトレーニングがしやすいことは明らかな事実です。
一方、被捕食者である馬は、犬に比べて臆病な性格、そしてトレーニングに対するモチベーションが低い動物です。体も大きく、力任せのコントロールが不可能であるため、繊細で丁寧なトレーニングが必要となります。
 海外の馬や鳥などを用いたトレーニング系セミナーで代表されるように、他の動物との関わりは、技術や理論の真の理解につながり、犬へのさらなる理解を深めてくれます。
 本コースでは、馬のハズバンダリートレーニング、馬具装着の馴致トレーニング、恐怖反応に対する脱感作法などについて解説。そして最近少なくない、フードへのモチベーションが低い犬や馴致が困難な犬へのトレーニングを見直し、発展させられるきっかけを作っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です